料金のご案内

障害年金申請手続き(初めて障害年金の申請手続きをされる方)

障害年金の申請手続きをサポートします。
初めに、初診日や保険料納付要件を確認します。
次に、診断書等の内容を確認して、原則面談形式で、詳しいヒアリング(聞き取り)をおこないます。その後、申請手続きに必要な書類を作成し、日本年金機構へ申請手続きをおこないます。
※依頼される方の案件によっては、面談前もしくは面談時に、現在通院している病院もしくは過去に通院していた病院において、受診状況等証明書および診断書等の取得をお願いする場合があります。(依頼者負担)

料金
A.障害認定日請求(本来請求または遡及請求)をおこない受給権が発生した場合の料金
①過去にさかのぼって支給される金額の15%+今後支給される年金決定額の15%
②150,000円
①または②のいずれか高い方の料金となります。
B.事後重症請求をおこない受給権が発生した場合の料金
③今後支給される年金決定額の15%
④100,000円
③または④のいずれか高い方の料金となります。
※不支給等の決定が下された場合でも、障害年金申請手続代行料金25,000円+面談料(1回につき5,000円×面談回数) と交通費等を頂きます。
※住民票、戸籍謄本等を代理にて取得する場合は、実費プラス5,000円を頂きます。
※診断書等の病院作成書類の費用は、依頼者のご負担となります。
※面談時に打ち合わせさせて頂きます。

※当オフィスで障害年金の申請手続きをされた方が、審査の結果がわからない内に万が一亡くなられた場合は、下記の未支給年金の料金を参照して下さい。

障害年金の料金の一例

(1)遡及請求をおこない、障害基礎年金2級(年額781,700円)の受給権が発生して、過去にさかのぼって最大5年分の支給が決定した場合で、面談(相談)回数が3回の依頼者(ご自宅が2km超5km以内で訪問面談されることを希望された方)(子どもの加算額の対象となる子どものいない方)
①781,700円×5年分=3,908,500円(過去にさかのぼって支給される金額)
②781,700円(今後支給される年金決定額)
①(3,908,500円×15%)+②(781,700円×15%)+15,000円(面談料5,000円×3回)+6,000円(交通費2,000円×3回)=724,530円+消費税(お支払いして頂く料金となります)
(2)事後重症請求をおこない、障害基礎年金2級(年額781,700円)の受給権が発生した場合で、面談(相談)回数が3回の依頼者(ご自宅が2km超5km以内で訪問面談されることを希望された方)(子どもの加算額の対象となる子どものいない方)
781,700円(今後支給される年金決定額)×15%+15,000円(面談料5,000円×3回) +6,000円(交通費2,000円×3回)=138,255円+消費税(お支払いして頂く料金となります)

※上記の料金はおおよその目安としてお考え下さい。物価スライドによって過去5年以内に年金額が改定されています。そのため上記(1)の遡及請求の場合のお支払いして頂く金額の一例は、わかりやすくするために過去5年以内の年金額を一律令和2年度(4月分から)の年金額で計算しています。実際のお支払い金額は誤差が生じますのでご了承下さい。

障害基礎年金の額 令和2年度(令和2年4月分から)

※初診日において国民年金に加入していた場合は、障害基礎年金の対象となります。
※20歳前の年金制度に加入していなかった期間に初診日がある場合も、障害基礎年金の対象となります。

障害基礎年金1級
977,125円(子どもがいる場合はさらに加算額がつきます)
障害基礎年金2級
781,700円(子どもがいる場合はさらに加算額がつきます)

※障害基礎年金は1級と2級があります(障害基礎年金に3級はありません)

子どもの加算額

1人目・2人目の子
(1人につき) 224,900円
3人目以降の子
(1人につき) 75,000円

※子どもとは下記の方に限ります。
○18歳年度末(高校を卒業する年齢)までの子ども
○障害等級1級または2級の障害状態にある20歳未満の子ども

障害厚生年金の額 令和2年度(令和2年4月分から)

※初診日において厚生年金に加入していた場合は、障害厚生年金の対象となります。

障害厚生年金の額は、厚生年金に加入していた期間の長さや、給与の額(お支払いしていた厚生年金の保険料の額)などで異なります。
障害厚生年金の2級以上の受給権が発生した場合、障害基礎年金もプラスされます。

障害厚生年金1級
報酬比例の年金額×1.25+障害基礎年金1級
(※1 配偶者または子どもがいる場合はさらに加算額がつきます)
障害厚生年金2級
報酬比例の年金額+障害基礎年金2級
(※1 配偶者または子どもがいる場合はさらに加算額がつきます)
障害厚生年金3級
報酬比例の年金額  (最低保障額 586,300円)
障害手当金(一時金)
報酬比例の年金額×2年分 (最低保障額 1,172,600円)

障害厚生年金は障害基礎年金とは違い1級から3級まであります。
3級の場合には、年金額が低くなりすぎないように最低保障額が設けられています。
※1 配偶者または子どもの加算額がつくためには、一定の条件が必要です。

配偶者の加算額

配偶者の加算額
224,900円

配偶者の加算額は配偶者の年齢や収入及び厚生年金期間等によって加算が認められない場合や支給停止になる場合があります。


審査請求

申請手続きをおこなった後の決定に対して不服がある場合におこなう手続きです。

料金
審査請求をおこない「処分変更」または「容認」等の決定が下された場合の料金
① 過去にさかのぼって支給される金額の20%+今後支給される年金決定額の20%
② 150,000円
①または②のいずれか高い方の料金となります。
審査請求をおこない棄却等の決定が下された場合でも、審査請求の手続代行料金100,000円+面談料
(1回につき5,000円×面談回数)と交通費等を頂きます。
※診断書等の病院作成書類の費用及び戸籍謄本や住民票等、審査請求に必要な書類の費用は、依頼者のご負担となります。

再審査請求

審査請求の決定に対して不服がある場合におこなう手続きです。

料金
再審査請求をおこない「処分変更」または「容認」等の決定が下された場合の料金
① 過去にさかのぼって支給される金額の25%+今後支給される年金決定額の25%
②200,000円
①または②のいずれか高い方の料金となります。
再審査請求をおこない棄却等の決定が下された場合でも、再審査請求の手続代行料金120,000円+面談料
(1回につき5,000円×面談回数)と交通費等を頂きます。
※診断書等の病院作成書類の費用及び戸籍謄本や住民票等、再審査請求に必要な書類の費用は、依頼者のご負担となります。 また再審査請求における公開審理の出席を希望される場合は、交通費、宿泊費、日当、その他公開審理に関わる全ての経費も依頼者のご負担となります。

支給停止事由消滅届の手続き

障害年金を受給していている方が更新時に支給停止になってしまった場合におこなう手続きです。専門の書類を作成いたします。日本年金機構への手続きをサポートを致します。

料金
年金決定額の25%
支給停止事由消滅届の手続きをおこない、支給停止の解除の決定が下されなかった(障害年金の支給が再開されなかった)場合でも、支給停止事由消滅届の手続代行料金20,000円+面談料(1回につき5,000円×面談回数)と交通費等を頂きます。

額改定請求

障害年金を受給している方の症状が、以前よりも悪化した場合(現在の障害等級より重い等級に該当する場合)に障害年金の等級を見直すための手続きです。
専門の書類を作成いたします。日本年金機構への手続きをサポートを致します。

料金
等級変更後の年金決定額の20%
額改定請求をおこない、額改定の決定が下されなかった(額改定が認められなかった)場合でも、額改定請求手続代行料金20,000円+面談料(1回につき5,000円×面談回数)と交通費等を頂きます。

未支給年金

年金の受給権者が亡くなったときに、その人に支払われるはずであった未払いの年金を遺族が受け取るための手続きです。専門の書類を作成します。日本年金機構への手続きまでサポートします。(一定の条件があります)
※未支給年金の手続きは、当オフィスに障害年金の申請手続きを依頼されたお客様のご家族等と、遺族年金の申請手続きを依頼されたお客様に限定させて頂きます。

料金
①未支給年金として支給される金額の15%
(内縁関係など、複雑な案件の場合は、料金を加算させて頂きます)
(住民票、戸籍謄本等を代理にて取得する場合は、実費プラス5,000円となります)
+ 面談料(1回につき5,000円×面談回数)と交通費等を頂きます。

他年金の手続き

案件 料金 備考
老齢年金請求 35,000円~ (複雑な案件の場合は、料金を加算させて頂きます)
(住民票、戸籍謄本等を代理にて取得する場合は、実費プラス5,000円
となります)
遺族年金請求 ①決定金額の10%
②70,000円
①と②のどちらか高い方になります。
(内縁関係など、複雑な案件の場合は、料金を加算させて頂きます)
(住民票、戸籍謄本等を代理にて取得する場合は、実費プラス5,000円 となります)

障害年金の面談料

1回5,000円(目安30分)
障害年金のご面談ごとに加算されます。
①ご自宅またはご自宅以外の場所での訪問面談 ②ビデオ通話(Web面談) ③当オフィスでの来所面談 すべて共通に面談料がかかります。

※ご自宅への訪問の場合は別途交通費を頂きますのでご了承ください。
(一例2km以内1,000円 2km超5km以内2,000円 5km超10km以内4,000円)
遠隔地にお住まいの方で、ご自宅への訪問面談を希望される方は、予約時にご確認下さい。
(遠隔地への訪問面談の場合、交通費および日当をご請求させて頂きます。)

記載の料金はすべて税抜き価格です。ご請求時に別途消費税が加算されます。
障害年金の申請までの難易度によっては料金が加算される場合があります。

PAGE TOP